北海道鹿追町老人ホーム殺人事件

1997(平成9)年6月に北海道鹿追町の老人ホームで発生した殺人事件について概要等を記す。

現在も現場となった施設は運用されており、一部に施設及び介護従事者について疑いを抱く表現もあるが、誹謗中傷の意図はなく、事件の解明と風化防止を目的としたものであることをご了承いただきたい。

 

■概要

1997年6月3日午前0時半頃、北海道河東郡鹿追町北町の特別養護老人ホームしゃくなげ荘で、個室入所者の沼倉忠さん(80)がベッドの上で仰向けになり、布団を胸までかけた状態で、首から血を流して亡くなっているのを施設職員の女性(25)が発見した。

沼倉さんは左の耳下からのど元にかけて頸動脈を鋭利な刃物で切られていた。傷口は長さ5センチ、深さ1センチで、司法解剖の結果、死因は頸動脈切断による失血死。死亡推定時刻は午前0時前後とされた。

室内には争った形跡や物色された痕跡もなかった。枕元には緊急呼び出し用のブザーがあったが鳴らされることはなく、就寝中に一気に刃物で切りつけられたと見られている。現場から凶器とされた刃物類は見つかっていない。

 

■状況

老人ホームでは夜間は職員2人と警備員1人の計3人の体制で仮眠を取りながら交代で部屋を巡回している。6月2日23時に職員が施設内を見回ったときには異常はなかった。
玄関や非常口など4か所ある施設の出入り口は施錠されており、定期的に点検もしていた。施設内の廊下から沼倉さんの個室にかけての入り口は施錠できるドアではなくアコーディオンカーテンで仕切られていた。

個室の窓は施錠するようになっているが、沼倉さんは閉め忘れることが多かったとされ、事件発生時にもこの窓は開いたままになっていた。さらに窓枠や室内から枯れ草のついたアメリカ製の高級スニーカーの足跡が数個見つかったことから、犯人は窓から侵入した可能性が高いと見られている。

また、施設の外から沼倉さんの部屋の前の廊下を見渡せる場所にあった非常口のひさしには手を掛けたような跡が見つかった。犯人はここから犯行のタイミングを伺っていたと見られている。  

f:id:sumiretanpopoaoibara:20210827073301j:plain
沼倉さんは事件の起きる8年前の1989年11月から入所。足に障害があり、移動に歩行器を使用していた。1日中ベッドの上に横たわっていることも多く、認知症の症状も進んでいたという。

事件前の5月12日(13日?)にも、沼倉さんは左目の下から血を流して2針縫う怪我をしていた。沼倉さんは「30歳くらいの男にやられた」と話していたが、老人ホームでは認知症も進んでおり、歩行も困難なことから何かにぶつけて出来た傷と判断して警察には届けなかった。発見直後に部屋から病院への搬送作業などによって、現場が適切に保存されなかったことも捜査が難航する原因とされた。

 

■環境

鹿追町十勝平野北西部に位置する畑作や酪農を主要産業とする人口約6000人(1995年当時)の小さな町である。1960年には約2000世帯、人口10000人を超えて増加のピークを迎えたものの、交通網の整備などにより70年には人口7883人と流出超過が進み、微減傾向が現在まで続いている。

1947年、町と然別湖の間に陸上自衛隊然別演習場が設置され、駐屯地を備える。

地図で見ても分かる通り、町の周囲は広大な耕作地に囲まれている。最寄り駅は根室本線新得(しんとく)駅で約18キロ、車で25分程の距離、付近の都市としては35キロ程離れた帯広市が中心街となる(車移動でおよそ40分)。

しゃくなげ荘は1980(昭和55)年に町立の特別養護老人ホームとして開設。85年に法人化され経営が移管された。平成に入ってから利用者が増加し、1997(平成9)年11月には食堂が増築、その後、ショートステイ棟、ユニット棟の増築が進められ定床数を増やしていった。

 

気象庁データによれば事件のあった97年6月2日から3日にかけての気象状況は、

〔2日〕降水量0mm、最低気温3.8度-最高気温9.0度、最大風速2m、日照時間0.0h

〔3日〕降水量5mm、 最低気温4.6度-最高気温10.3度、最大風速2m、日照時間0.0h

とされ、5月の平均気温8.7度、6月の平均気温14.0度であるから、厚い雲に覆われて肌寒い日が続いていたと見ることができる。尚、3日の降雨は3時前後である。

事件前に目の下を怪我した5月12日(13日?)についても見ておくと、

〔12日〕降水量1mm、最低気温0.8度-最高気温16.5度、最大風速3m、日照時間9.6h

〔13日〕降水量0mm、最低気温0.9度-最高気温23.2度、最大風速3m、日照時間8.5h

とされ、日中よく晴れて寒暖差が非常に大きく、13日に関しては当年5月の最高気温を記録している。

 

■犯人像について

睡眠中の老人の頸動脈を切りつける犯行からは明確な殺意が窺える。その一方で、沼倉さん自身はすでに入居から8年で認知症も進んでいたということから、外部の人間とは長らく交流する機会もなかったにちがいない。また通常こうした施設では貴重品は不携帯であることから、金銭等の強盗目的ではなかったと考えることもできる。

施設の特性上、過去に入居していた利用者も高齢者であるため、窓からの侵入や非常口のひさし(数十センチ程度の屋根)に上って様子を窺うといった犯行とは相容れない。もし動機が怨恨にあるとすれば、ホーム職員ら施設関係者、あるいは親類や古い縁故の者に限られてくる。

 

まず施設関係者であれば施設の構造、夜間巡回についての知識もあり、最も犯行に適している立場にあるといえる。日常的な不満やトラブルから殺害に至る動機も充分にありうる。当然、道警の取り調べも最も時間が費やされたと思われる。

さらに比較的交流のあった親類や古くからの縁者であれば、強い怨恨があったとしてもおかしくはない。だが親族や通常の面会者であれば、施設側でも把握されていたと考えられ、早々に聞き込みも行われたものと思われる。また沼倉さんの死に遺産相続などが絡んでいれば親族は真っ先に疑いが向けられるはずだ。

そうすると1か月前に沼倉さんに怪我を負わせたという「30歳くらいの男」という話が引っ掛かるところである。この話の出処は不明だが、ホーム職員か治療した医師あたりであろうか。沼倉さんが複数人に対して直接そのように話していたとすれば重要証言のひとつとなるが、たとえばなじみの担当職員が「沼倉さんがそのように言っている」と他職員に伝えたり、日誌などに記録したり、病院側に説明していたとすれば、職員個人による虐待の隠蔽が行われた可能性も想像される。

f:id:sumiretanpopoaoibara:20210827074049j:plain

認知症に関して言えば、自分の失敗について理屈の通らない「言い訳」をすることは非常に多い。「30歳くらいの男」発言についても当然その信用性は高いとはいえず、おそらくは捜査関係者もその言質を100パーセントは信用してはいないだろう。そのためホーム側が警察に通報しなかったこと自体を、ホームによる虐待の隠蔽と結びつけることはできないと筆者は考える。

仮に「30歳くらいの男」が事実いたとして、当時80歳だった沼倉さんにとって一般的には「孫世代」に当たる人物となる。直接的に沼倉さんと面識があった、怨恨を抱くような人物となれば、実際の孫(不明)かホームで働く職員以外には考えづらい。

「沼倉さんは窓を施錠し忘れることが多かった」とされているが、はたして本当に沼倉さんが施錠し忘れていたのであろうか。当日夜勤でなくとも午後勤務の職員であれば密かに解錠しておいて侵入経路を確保していた可能性はないとはいえない。

事件が発生した1997年6月2日は月曜日、3日は火曜日。さらに事件前に目の下を怪我した5月12日は月曜日である。これが偶然なのかは分からないが、当時の施設の勤務状況や出来事と照らし合わせれば何か分かることもあったかもしれない。

 

■別の犯人像

既述の通り、施設関係者や親戚縁者などは真っ先に疑いを向けられる対象である。十分な取り調べによって、施設関係者(過去8年以内に従事していた人物も当然含まれる)や親類、古くからの縁者の線から容疑者が浮かび上がらないとすれば、はたしてどのような犯人像が想定されるか。ふたつの類型を挙げて終わりにしたい。

 

ひとつは老人嫌悪による差別的犯行が考えられる。相模原市障碍者福祉施設で起きた連続殺傷事件(植松聖)のように、強烈な差別意識から無力な老人男性や認知症を持つ老人を狙う動機になったのではないか(相模原の場合は障碍者に対する嫌悪・優生思想)。同業他社の介護従事者や自宅での身内の介護などによってそうした差別感情を拗らせた人物が想定される。

sumiretanpopoaoibara.hatenablog.com

また鹿追は非常に小さな町であることから、同じ町内で犯行を犯すには大きなリスクを伴う。帯広、芽室、清水といった近郊の市町村に在住していることは大いに考えられるであろう(過去に鹿追在住だった可能性もある)。

 

もうひとつは、施設職員に対して恨みを持つ人物による当てつけ的な犯行である。当時の施設職員について詳しい情報を得られていないが、第一発見者の施設職員は25歳女性であり、昨今では男性職員も増えているが一般的に見て特養老人ホームは比較的女性の就労が多い職場である。たとえば施設職員との恋愛のもつれ、離婚の有無といった周囲の人間関係まで洗い出しが行われていたのかは疑問である。そうした職員の身内・元身内であれば、施設情報や勤務形態などについてもある程度知ることができる。

類推して考えれば、たとえば職員の息子が、責任を負わされる立場の親に対する当てつけとしてそうした犯行に至ることもありうるのではないか。だとすれば、事件当日(および5月12日)の施設職員の身辺に恨みを持つ人物はいなかったか等が問題となる。

いずれのケースにしても筆者の考えでは、当時20代から30代の男性で、当時は町外近郊に暮らしており、しゃくなげ荘には下見に訪れていたと推測する。

現在では監視体制の強化や防犯意識の向上により容易にこうした施設を襲撃する事件は起こりづらくはなっている。とはいえ、カメラの外、防犯の隙をついていついかなる凶行が襲ってくるとも限らない。介護従事者の方々だけで防犯するにも限界があるため、今後もより安全で快適な施設づくり、制度設計が求められる。

 

沼倉さんのご冥福と、ご家族の心の安寧をお祈りいたします。