movie

映画『ノロイ』(2005)感想

白石晃士監督作品、映画『ノロイ』(2005)について記す。 自宅が全焼して妻を亡くし、自身も行方不明となった怪談作家・小林雅文。2004年、彼が最後に発表した映像作品を主軸に構成され、作中で彼が真相を追い求めた怪奇な出来事の因果が、最終的に彼の身にも…

映画『LAMB』(2021)感想

ヴァルディミール・ヨハンソン監督の長編デビュー作『LAMB』について感想など記す。 2021年カンヌ映画祭ある視点部門で話題を集めた、超自然的存在と伝承的なフォーク・ホラーのハイブリッド作品である。ワールドプレミアに先立ち、『ヘレディタリー/継承』…

映画『哭悲/THE SADNESS』感想

台湾発エクストリーム級ホラー映画『哭悲/The Sadness』(2021)のあらすじ、監督・キャスト、感想など。 “ちょっと普通じゃない”脅威的なホラー映画なので、過度の暴力やスプラッター描写が苦手な方は見ないことをおすすめします。自発的にスナッフフィルム…

越境する狂気と愛 映画『TITANE/チタン』感想

ジュリア・デュクルノー監督による2021年のフランス・ドイツ合作映画『TITANE/チタン(原題:Titane)』の感想などを記す。 第74回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受け、「カンヌ史上最も奇天烈」「驚愕、混乱、困惑」と評される怪作である。 youtu…

事件を基にした映画29; Movies based on true crime stories

実在の事件をベースにした映画29作品について記す。 事件そのものを描いた作品のほか、事件や犯人からインスピレーションを得て生まれた作品、物語の本筋と直接関係しないものの時代背景の一部として登場するものも含まれる。 事実がどのようなものだったか…

韓国ホラー映画『コンジアム』感想

三度の飯よりオカルトが好きという好事家であれば、米CNNトラベルが選定した世界十大奇異スポットはご存知かと思う。 1.昆地岩精神病院(韓国、京畿道広州市) コンジアム韓国版 南霊神経精神科病院。本作のメインテーマとなったコンジアム精神病院は「か…

母は荒野で踊り出す 映画『母なる証明』感想

これほど印象的な映画のオープニングシーンを見たことがない。 本作の主人公“母”役を演じたのは、韓国MBCで1980年~2002年まで放送回数1088回を数えた最長寿ホームドラマ『田園日記』で姑役を演じ、“国民の母”と呼ばれた大ベテラン女優キム・ヘ…

夏のオススメ!胸糞サイコホラー&サスペンス映画を見よう

やっぱり今年の夏も暑そうだ!という訳で、本当は夏じゃなくてもオススメしたいサイコホラー、サスペンス映画を中心に18作品ご紹介。 ホラー映画でも色々ジャンルがあると思いますが、本稿ではヒトコワ(人怖)ジャンルを中心にゾクッとできるメジャータイ…

肝を潰せ!Netflix映画『ザ・コール』感想【ネタバレ】

Netflixで配信されているサスペンス映画『ザ・コール(콜、THE CALL)』(2020、韓国、1時間52分)について、内容+感想など徒然なるままに記します。一言でいえば、 胸糞映画ファンにはたまらない刺激に満ちた傑作なので万が一見ていないのなら「読む前に見…

エクソシスト映画『ザ・ライト』『エミリー・ローズ』感想

過去エントリー『異端の歴史と魔女狩りについて』では、キリスト教、ローマ・カトリックから見た異教徒・異端者の変遷を扱った。 古代ギリシア哲学においてデーモン daemonはそもそも天啓・インスピレーションのような観念であり、人に善き道を示すデーモン…

日本と/クルド人と 『TOKYO KURDS』感想

クルド人は「国家をもたない世界最大規模の民族集団のひとつ」である。トルコ、イラン、イラク、シリアにまたがる高原地帯クルディスタン地方におよそ2500万人以上が居住しており、迫害を逃れて散逸民となった者を合わせると3000万~4500万人と見積もられて…

映画『アウトロー』感想

アウトロー 特別版 [DVD]クリント・イーストウッドAmazon1976年、アメリカ建国200年記念として製作された異色の西部劇。 ときは1860年代南北戦争のさなか、妻子を殺され復讐の鬼と化したジョージー・ウェールズはゲリラ組織として北軍に抵抗を続けていた。敗…

ケン・ローチ監督『レイニングストーン』感想

Raining Stones [VHS]Fox LorberAmazon タイトルであるraining stonesとは、マンチェスター地方の俗語で「石が降ってくるようにつらい生活」を意味する。 「ゆりかごから墓場まで」を捨て自由主義経済を導入した1980年代以降、規制緩和による外国資本参入に…

映画『みんなエスパーだよ』感想

映画 みんな!エスパーだよ!染谷将太Amazon逆に“エロ”って何か考えさせられる。 これはおバカ映画を装った“アンチ・エロ”なのではないか。 若杉公徳原作マンガ、ヒロイン夏帆ドラマ版ともに未見ながら、遡って見る気概はない。要するに“透明人間になって銭…

【ネタバレ】最強おじいちゃんは今夜もあの娘の夢を見る 映画『ドント・ブリーズ』感想

脚本監督フェデ・アルバレスはSF短編『Ataque de Pánico! Panic Attack!』(2009)をサム・ライミに評価され、『死霊のはらわた』リメイク版(2013)の監督に大抜擢されたものの、オリジナルの妙味であったユーモアの趣を排し、凄惨なスプラッター描写に徹した結…

映画『累 -かさね-』感想

「ただ口紅を使いつづけなければわたしは醜い姿で生きることに耐えられずあなたは世界から忘れられてしまうのだ」(松浦だるま『累』第21話) 醜い顔で周囲から苛烈な仕打ちを受けてきた累(かさね)に、伝説の女優とうたわれ美しいままこの世を去った母・透…

映画『ノーカントリー』感想

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トミー・リー・ジョーンズAmazon神話的暴力の崩壊である。 ジェイソンの仮面、ターミネーターのサングラスよりも圧倒的にシガーの8:2分けが強烈なのは、人の面をかぶった"ひと"だからこそだ…

映画『ミルク』感想

ミルク [DVD]ショーン・ペンAmazon1978年、米国初の同性愛をカムアウトした公職者ハーヴィー・ミルクは己の暗殺を予期して、その半生を録音して残していた。「生き方をかえたい」 72年、40歳を迎えたミルクは若いボーイフレンドと共にLAカストロ通りで商売…

映画『告白』感想

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]松たか子Amazon冒頭から、 終始圧巻である。映画監督・中島哲也。 どういうサイクルでその映像や緊張感(『間』というもの)が生みだされているのか。この人は、「見る者に刺激を与える」という映像作家の属性を極めており、我…

桶川ストーカー殺人事件・ドラマ『ひまわり』感想

2003年12月テレビ朝日系列・土曜ワイド劇場枠で放映されたドラマ『ひまわり』の感想など記す。 原作は同系列の報道番組『ザ・スクープ』に出演していたジャーナリスト鳥越俊太郎・取材班らによる『桶川女子大生ストーカー殺人事件』で、冒頭にもご遺族への取…