いつしかついて来た犬と浜辺にいる

気になる事件と考えごと

日本の事件

友部小学校女性教諭殺人事件

茨城県友部町(現在の笠間市)で起きた女性教諭殺害事件について記す。 朝日新聞記者、テレビ朝日報道局次長などを歴任し後にノンフィクション作家となった足立東氏による『逆転無罪 友部小学校女教諭殺人事件の真相』(日本評論社)に依拠する。 教室の遺体 196…

なぜ韓国へ?—中村三奈子さん行方不明事件

留守中、自宅から消えた少女はなぜ韓国へと向かったのか、第三者の介入や北朝鮮による拉致も疑われる謎多き失踪について記す。 よく似た人物を見かけた、犯行を匂わせる話を耳にしたなど、心当たりのある方は以下で情報提供を受け付けている。 新潟県警察 長…

京都アニメーション放火殺人事件

「京アニ」の愛称で知られるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され、社員ら68名もの死傷者を出した事件。戦後最悪の犠牲者を出した未曽有の惨事は国外にも知れ渡り、人々を震撼させた。 www.kyotoanimation.co.jp 事件の発生 2019年7月1…

寝屋川4乳児コンクリート詰め事件について

ランキング参加中オカルト同好会 事件の概要 2017年(平成29年)11月20日午前9時30分頃、大阪府寝屋川市西部にある寝屋川署高柳交番に50代の女が出頭し、「4人の乳児を自宅でコンクリート詰めにした」「段ボールに入れて自宅に保管している」などと申告した。 …

西成女医不審死事件について

大阪市西成区で生活困窮者の支援活動を行っていた女性医師が水死体となって発見された。警察は自殺と判断したが、遺体や行方不明の状況から事件性が高いとして遺族は再捜査を求めた。「釜ヶ崎」の人びとから「さっちゃん先生」と愛された彼女はどうして死な…

騙る共犯者——山中事件

「共犯者」の自白によって死刑判決が下された巻き添え型の冤罪事件である。なぜ己の罪と向き合わずに別の人物を首謀者のように仕立てたのか。 事件の発覚 1972年(昭和47年)7月26日午前11時ごろ、石川県江沼郡山中町の通称・南又林道の奥を流れる大内谷川で、…

名張毒ぶどう酒事件

事件の発生 三重県名張市の葛尾公民館の会合で振るまわれたぶどう酒を口にした参加者たちが次々に異常を訴え、女性5人がその場で死亡、12人が重軽傷を負う惨事となった。 凶事は1961年(昭和36年)3月28日午後8時頃、生活改善クラブ「三奈(みな)の会」の年次総…

日野町酒店経営女性強盗殺人事件・日野町事件

犯行の動機、目的がはっきりせず迷宮入りが危ぶまれた酒店店主殺しで、3年後、常連客のひとりが逮捕された。事件発生から38年、確定判決から28年が経過した現在も元受刑者の雪冤を果たすべく遺族による死後再審請求が続けられている。 事件の概要 1985年1月1…

吉展ちゃん事件

1963(昭和38)年に東京都台東区で起きた男児誘拐殺人事件について記す。 前の東京オリンピックの前年、人々にとって「人攫い」といえば労働力や売春に従事させる人身売買目的が主流だった時代に起きた「身代金」目的の犯行は、その社会的影響やその後も多くの…

津田塾女装替え玉受験事件

名門女子大で女装した父親が替え玉受験をする珍事があった。家族共犯?無謀な賭けに出た父親の真意とは…

増山ひとみさん行方不明事件

福島県原町市(現・南相馬市)で発生した成人女性の行方不明事案。女性は三週間後に結婚式を控えており、いわゆる寿退社で仕事を辞めた帰り道で忽然とその消息を絶った。 www.police.pref.fukushima.jp 後にテレビの公開捜査番組などでも取り上げられ、自宅…

現職警官による告発——二俣事件

天竜川中流、阿多古川の流れとぶつかる東岸、浜松と磐田を結ぶ街道の合流地点に二俣城は築かれた。戦国時代には徳川と武田が城の争奪戦を繰り広げた要所であった。 その城下町が基となった静岡県二俣町は浜松駅から北へ約20キロに位置しており、山深い北遠地…

神栖市女子大学生殺害事件

不可解な失踪 2018年(平成30年)11月から東京都葛飾区に住む日本薬科大学1年生菊池捺未さん(18歳)の行方が分からなくなった。 11月19日11:08 ごめんね!昨日友達の家に泊まってた!また今度電話しよ~ 女子大学生はその後も父親(53歳)とメッセージをやりとり…

狭山事件

1963年、埼玉県狭山市で起きた少女殺し。逮捕された元とび見習いの男には多くの物証が付きつけられたが、捏造による冤罪疑惑となり、部落差別問題にまで飛び火した。事件は多くの謎を呼び、60年以上経った現在も再審運動が続けられている。 営利誘拐? 1963(…

連続強姦魔・小平義雄事件

戦後の混乱に跳躍した驚異の連続強姦魔・小平義雄。女性たちはなぜ中年男の口車に騙されてしまったのか。

佐賀県唐津男児ひき逃げ放置事件について

佐賀県唐津市で起きた児童の連れ去り放置。その発端は車両との人身事故であった。 動機がはっきりしない行方不明事案において、しばしば交通事故が契機となって連れ去られた疑いが浮上する。 ランキング参加中オカルト同好会 事件の概要 2006年5月21日未明、…

福井女子中学生殺害事件

中学校の卒業当夜、15歳の少女が自宅で滅多刺しにされて殺害される。物証も自白もないなか、脆弱な目撃証言の積み重ねのみで殺人犯とされた冤罪が疑われる事件である。 事件の発生 1986年(昭和61年)3月20日午前1時半頃、福井県福井市豊岡2丁目に住む飲食業・…

三重県・北山結子さん行方不明事件について

伊勢市と松坂市に挟まれた三重県明和町で起きた女子高生失踪事件について。少女の遺留品を所持した人物が検挙されるも証拠不十分として釈放されている。 ランキング参加中オカルト同好会 初期の捜査から目立った進展はなく、松坂警察署では引き続き情報提供…

鹿児島ひき逃げ偽装事件

鹿児島県の県道脇のサツマイモ畑で発見された男性の遺体とオートバイ。一見すると単純なひき逃げのようにも思われたがその状況には疑問がもたれた。 ランキング参加中オカルト同好会 事件の発覚 1991年(平成3年)7月10日、鹿児島県曽於郡松山町(現在の志布志…

まんのう町・旧琴南町女子高校生殺害事件

1997年(平成9年)、香川県でバイト帰りの女子高生が帰らぬ人となった事件。刑法改正により殺人罪の時効は撤廃されたが、今なお犯人検挙に至っていない長期未解決事件である。 ランキング参加中オカルト同好会 香川県警、被害者の会では犯人逮捕に結びつく有力…

布川事件

2023年8月23日、茨城県利根町で起きた強盗殺人いわゆる布川事件で無期懲役からの再審無罪となった桜井昌司さんが76歳で亡くなった。事件から再審無罪まで40年以上を戦い、無罪確定後も再審制度の改正などを訴えて冤罪被害者の支援活動を続けていた。 本稿で…

秋田連続児童殺害事件

今も昔も児童虐待は後を絶たないが、本件加害者は自子のみならずその幼馴染にまで手を掛けた。子を失った悲痛な思いを叫ぶ「悲劇の母親」はやがてカメラの前で感情を爆発させるなど、不可解な言動や心理状態にも注目が集まった。はたしてその動機についての…

別府男子大学生ひき逃げ事件

2022年(令和4年)に大分県別府市で起きた大学生2人を死傷させたひき逃げ事件で、殺人罪への罪状変更を求める声が挙がっている。 www.change.org いわゆる従来の「ひき逃げ事件」では過失致死罪、道交法違反などの罪にしか問われず、公訴時効が20年とされる。…

大牟田4人殺害事件について

2004年(平成16年)、福岡県大牟田市で立て続けに起きた4人の殺害事件。暴力団夫婦と息子兄弟の共謀による犯行として4人全員に死刑が言い渡された。 「かわいそうとは思いますが、申し訳ないとは思ってないです。殺されたのも運命、私が死刑になるのも運命。そ…

月ヶ瀬村女子中学生殺害事件

1997年に奈良の山村で起きた女子中学生殺し。男が犯行に至った背景には「村八分」の慣習があったとされている。 事件の発生 1997年5月4日午後、奈良県添上(そえかみ)郡月ヶ瀬村「嵩(だけ)地区」に住む中学2年生・浦上充代さん(13歳)が行方不明となった。充代…

八戸女子中学生殺害事件について

1993年(平成5年)に八戸の住宅街で起きた女子中学生殺し。被害者は「早く帰る」と友人たちに言い残し、母親が帰宅するまでの25分間の留守中にこの世を去った。不可解な現場状況から犯人像が絞り切れず、2008年に公訴時効が成立したコールドケースである。 ラ…

【みどり荘事件】大分女子短大生殺人事件

「気付いたら被害者の横にいたが、侵入した記憶も殺した記憶もない」アパート隣室に住んでいた男の供述は、自白というにはあまりに異様だった。13年余に及ぶ裁判の末、男は一審・無期懲役からの逆転無罪となるも、真犯人は捕まらないまま控訴時効を迎え、事…

今市小1女児殺害事件について

2005(平成17)年、栃木県今市市で7歳女児が学校から帰らず、翌日、茨城県の山林で遺体となって発見された。8年半後に逮捕された男は無期懲役が確定するも、逮捕の経緯などから冤罪が強く疑われている。 事件の発生 2005年12月1日(木)、栃木県今市市(現・日光…

筑後市ボーナス強盗未遂事件

1964年、福岡県筑後市で下半期ボーナス約2400万円を運搬する市職員2人が殺害される事件が起きた。早期解決となったが毒殺の手口から「第2の帝銀事件」とも呼ばれ、今日の死刑制度の運用にも影響を与えたとされる。 ランキング参加中オカルト同好会 事件の概…

帝銀事件について [2/2]

本稿は帝銀事件について、平沢貞通逮捕後の後編にあたる。 逮捕までの事件概要等については前編をご参照されたい。 sumiretanpopoaoibara.hatenablog.com ランキング参加中オカルト同好会 首実検 移送直後の首実検(面通し)は、帝銀事件の生存者から3人と未遂…