NHKスペシャル未解決事件『尼崎殺人死体遺棄事件』について

 2013年にNHKで放映されたNHKスペシャル未解決事件『尼崎殺人死体遺棄事件』を見たので、感想など。

この番組はNHKで2011年から放映開始した大型シリーズプロジェクトの第3弾であり、どうして事件は起きてしまったのか、なぜ防ぐことができなかったのかという側面をテーマにしている。内容は主に、作家高村薫さんによる尼崎での取材リポート、関係者の証言、再現ドラマVTRといったパートで構成されている。

 

www.nhk.or.jp

 

 尼崎殺人死体遺棄事件(通称・尼崎連続変死事件、尼崎事件)を簡潔に説明することは難しいが、1980年代後半から2012年にかけて兵庫県尼崎市および香川県高松市で起きた複数家族の傷害致死死体遺棄事件であり、そのすべてに角田美代子元被告(逮捕当時64歳)が主犯格として関わったとされる。2011年11月事件が発覚し、逮捕。しかし翌2012年、角田元被告は多くを語らないまま兵庫県警留置所内で自殺し、余罪などの全容解明は困難となっている。

 

逮捕者は、角田美代子元被告のほか、

角田正則被告(美代子元被告の戸籍上の従兄弟)

角田三枝子被告(美代子元被告の義妹)

角田瑠衣被告(美代子元被告の義子、仲島茉莉子さんの妹)

角田健太郎被告(美代子元被告の義子、I家四男の息子)

角田優太郎被告(美代子元被告の義子、三枝子が出産したとされる)

東頼太郎被告(美代子元被告の内縁の夫)ら。

 

 事件の特殊性として、美代子元被告が被害者家族を恫喝し、家庭内で虐待を行わせていたことが挙げられる。逮捕者には瑠衣被告ら傷害や死体遺棄等に加担した元被害者家族も含まれており、被害者/加害者の単純な線引きが難しく、本文で追及の必要はないため一部明記。

※同姓が多いため、本文では美代子元被告、三枝子被告のように名で記す。

 

死亡者は、

大江和子さん(尼崎貸倉庫でコンクリート詰めドラム缶で遺棄)

仲島茉莉子さん(角田瑠衣被告の姉、尼崎の住宅床下に遺棄)

谷本隆さん(角田瑠衣被告の伯父、尼崎の住宅床下に遺棄)

安藤みつゑさん(尼崎の住宅床下に遺棄)

橋本次郎さん(岡山県沖にコンクリート詰めドラム缶で遺棄)

皆吉ノリさん(茉莉子さんの祖母、高松市の小屋下に遺棄)

その他、角田久芳さん(三枝子被告の夫)ら、関連するとみられる不審死や失踪も多く起こっている。

 

 美代子元被告は、養子縁組や姻戚関係などで戸籍上の家族関係を次々と結んでいる。苗字変更や複数家族が関わることによって人間関係が字面上理解しづらくなっている。

f:id:sumiretanpopoaoibara:20200310155653j:plain

 再現ドラマでは、2000年代に関係を持った谷本家、遠縁にあたり1990年代後半に取り入った門脇家(仮名)・横地家(仮名)(下の相関図における「I家」にあたる)に焦点を当て、標的となる家族に因縁をつけて介入していく様子を描いていく。

美代子元被告は、暴力団関係者らしき“得体の知れない存在”の影をちらつかせがら「落とし前を付けろ」と因縁をつけて“家族会議”をさせ、家庭内にある綻びをあぶりだす。恫喝の一方で、ある者に借金があると聞けば「肩代わりしてやる、自分に任せておけ」といった飴と鞭を使い分け、次第に実権を掌握し、家族全体を主従関係へと導いていった。

大人には恫喝で冷静な思考判断を奪い、親子関係・夫婦関係を破綻させていき、こどもは自分の手許に置いて手なずけることで人質にした。自らは手を汚さず、逆らう者を家族に虐待させること、自分や身内を“加害者”に仕立て上げることで告発を困難にさせた。逃亡すれば何度でも連れ戻されて見せしめにされ、被害者らは抵抗する意欲を一層萎縮させていった。最終的に家族の全資産を収奪し、一家離散へと追い込む一連のながれはどの被害家族にも共通していたとみられている。

家庭内に取り入り、家族同士で虐待し合うよう仕向ける、いわばマインドコントロールともいえる手法から“北九州監禁殺人事件”との類似性を指摘する声もある。

 

 

 美代子元被告の生い立ち、事件の順序を大まかに整理しておく。

・小学生時代に両親は離婚、父母や親戚間を行き来した

・父は手配師(人材斡旋業)で金回りはよく、人心掌握に長じていた

・10代から尼崎でスナックを経営。番組では店の2階で売春斡旋、ヤクザ者にケツモチをさせていたと紹介

・23歳で結婚、20代半ばで離婚し、横浜に移り住む。幼少期から付き合いのあった三枝子とラウンジ(飲食業)や輸入代行業を共同経営

・20代で内縁関係となる東頼太郎と知り合う

・事業に失敗し、1981年33歳のとき尼崎に戻る。当初は内縁の東、三枝子と3人暮らし。その後、部屋を増やして10人ほどのとりまきを住まわせていた。

・近隣住民からは、因縁をつけるクレーマー気質・トラブルメイカーとして知られ、とりまきを連れた威圧的な態度から「関わり合いになりたくない」と思われていた

 

・1980年代半ばには橋本家に関与

・1998年ごろ、I家に関与

・1998年、三枝子被告が美代子元被告の母と養子縁組

・2001年ごろ、皆吉家、谷本家に関与

・2004年、正則被告が美代子元被告の叔父と養子縁組

・2007年、優太郎被告・瑠衣被告が結婚

・2009年、大江家らに関与

・2011年、大江家長女が大阪府警に出頭。三枝子被告・瑠衣被告の供述により事件が大きく明るみとなり逮捕。

・2012年、留置所内で自殺

 

 

 番組では、美代子元被告の元夫が登場。中学卒業後10年生活を共にし(入籍は23歳、ほどなくして離婚)、子はいなかった。

「気の弱い、腹立ったら怒りよるし、泣くときには泣きよる」

「駅で迷子になって泣いたりする」普通の女性だったという。

現在の写真の人相を見て、「(一目で当人とは)わからなかった」「鬼になっとる」と結婚当時と大きく異なる印象を淋しげに語った。

 また自殺直前の2週間、同じ留置所で生活した人物が登場。美代子元被告は、あとに入所してきた人物が“子殺し”の犯人だと知ると「あの人と喋ったらあかんで。子ども殺すなんて信じられない」と話しており、彼女の事件をあとで知って驚いたという。

 インタビューした高村薫さんは、美代子元被告の人物像について「ひとにいえないような罪をやって隠している自分の中に、寂しがり屋の普通の女の子だった自分も残っている。だからあえて切り離して、もう一人の何の心も動かなくなった自分がいたと思う」と語っている。

 

 個人的な印象として、美代子元被告の犯行は凶悪だが、いわゆる(妊婦の腹を割いて電話機を突っ込んだり、性的暴行を目的に置いたりする倒錯的嗜好が基で殺害するタイプの)異常犯罪者ではないのだと感じた。

普段の生活でほとんど意識することはないが、生い立ちや人間関係や法律、社会的続柄といったものが抑制装置・ブレーキとなって、その人を社会的なエラーに至らぬように大体制御してくれている(だから滅多なことで人殺しはしないし、殺してはいけないと思って生きていられる)。社会契約論ではないが、犯罪行為に身を染めず日常生活を送れているのは多くの人間関係と社会通念が私を束縛してくれているため“暴走”せずに済んでいる。だが彼女について思い巡らせると、親兄弟も友人も恋人も生い立ちも環境も、周囲からのブレーキ効果がなさすぎるあまり、加速し続け、そのまま止まれずに奈落の底まで行ってしまったようではないか。

美代子元被告がひとえに執着していたのは「家族」である。

自らが大黒柱とでも言わんばかりにとりまきを引き連れ、標的になる家族を乗っ取って破綻させ、他人と法的な家族になることを喜んだ。だが不幸なことに、理想の家族を夢見た女の子は家族を知らず、自分のいいなりにしかならない“疑似家族”という犯罪集団共同体を生んだのだった。

たとえば元夫や内縁の夫との間に子どもを授かっていたとしたら、離婚したり事業に失敗したとしても、我が子を前にしてこんなアホなオカンになる選択肢は選ばなかった。のべ五十件以上の近隣住民からの苦情に対して、警察が“民事不介入”の重すぎる腰を何回か上げていたら、ここまで犠牲者は増えなかった。尼崎という土地柄も、警察の介入や周囲からの“救い”が乏しかった原因の一つである。

もちろん彼女たちが犯した数多くの罪は情状の余地もなく到底許されるものではない。だが同時に、友人や恋人に美代子元被告の“普通の女の子”としての苦しみを親身に分かち合える人物が一人でもいたならば彼女にとっての悲劇だけで終わらせられたのではないか、とその不幸を哀れまずにはいられない。

 

 

 最後に、再現ドラマの角田元被告役・烏丸せつこさんの演技は鬼気迫るものがあり、震え上がるほどの圧倒的存在感だった。他の出演作をググったら、NHKの朝ドラ『スカーレット』で主人公・喜美子を応援する美魔女(失礼!元・女優の)小池アンリ役をなさっているとのこと。機会があれば未解決・凶悪事件ファンのみならず、スカーレットファンの方にも是非烏丸さんの熱演をご覧いただきた(?)…いや、胸糞悪い事件なので興味がなければ見ない方がいいと思います、多分。