名古屋市西区主婦殺害事件について

1999(平成11)年11月13日(土)に発生した愛知県名古屋市西区稲生町5丁目主婦殺人事件(通称・名古屋市主婦殺害事件)について。

 

白昼の自宅アパートで主婦・高羽奈美子さん(当時32歳)が何者かに刃物で首複数箇所を刺され死亡、そばにいた長男の航平さん(当時2歳1か月)は無傷で、部屋が物色された形跡は見られなかった。犯人の血痕や足跡、遺留品や目撃情報があるものの犯人特定には至らず、2020年2月愛知県警は有力情報に対して最大300万円の報奨金をかけると発表した。

www.pref.aichi.jp

 

ながれ・現場の状況

・当日9時頃、夫・悟さん(当時43歳)は普段より少し遅めに出勤

・悟さんを見送りつつ、奈美子さんも出掛ける支度をしていた(悟さんは“図書館に行く”と聞いていた)

・同アパート3階に住むママ友に電話(熱のある航平さんを病院に連れていく話、ママ友の夫に補修してもらう約束の車の話をしていた)

・9時30分付け、宅配便の不在票あり

・午前中に人が争うような音を聞いた、との住民証言あり

・10時すぎ、ママ友が電話するも応答なし

・11時10分、長男・航平さんを連れ、きとう小児科へ来院

・11時40分、奈美子さん帰宅(アパート住人が目撃。正午ごろまで駐車場で車の手入れをしていたが不審者は見ていない)

・正午から13時までの間に、被害者宅から「タンスを引きずるような大きな音」「階段を駆け下りる音」を住民が聞いた

・12時15分、12時20分頃、稲生公園付近で2件の不審な女性の目撃情報

・12時30分から14時頃にかけて、ママ友が3回電話するも応答なし

・14時30分頃、各部屋に柿を配っていた大家さんが来訪。応答なく、無施錠だったため戸を開けると廊下で流血して倒れている奈美子さんを見つける。慌てて大家夫を連れてきて再確認。

・騒ぎに気付いたママ友が大家さんとともに119番通報。救急隊は変死と判断し110番通報。連絡を受けて15分ほどで悟さん到着。遺体はトレーナーにジーンズ姿、着衣の乱れはなかった。

・死因は失血死(死亡推定時刻は正午から13時ごろ)。現場の状況から、玄関右手の洗面所で致命傷を負い、廊下をまたいで居間へ這っていく途中で息絶えたとみられる。

・居間では幼児イスに腰かけた航平さんが玩具で遊んでいた。テーブルには航平さん用のおみそしる、奈美子さんが普段は食べないカップラーメンがのびきった状態で置かれ、掃除機が廊下に出しっぱなし、居間のTVもつけっぱなしの状態。部屋を物色された形跡はなかった。

・悟さんの出勤直後からきとう小児科に行くまでのおよそ2時間の足取りはつかめていない。返却予定だった本が残っていたので図書館に行っていないと考えられている。

 

不審人物・遺留品

・目撃情報やDNA鑑定により、40~50歳代B型女性(現在60~70歳代)、身長160センチ程度、当時黒いコート、肩にかかる黒髪のゆるいパーマ、凶器は発見されていない

・量販品の女性向け韓国製スニーカー24㎝サイズ

・被害者宅から500mほど数m間隔で血痕を残しながら、庄内川方面に北上し、稲生公園で血を洗った痕跡。

・12時15分および12時20分頃、「手を怪我した女性」が、稲生公園付近から東進したとみられる目撃情報2件あり。

 

・その後、長男・航平さんが3歳当時、「ママとおばちゃんが喧嘩してた」、4歳当時「犯人はコンビニのおばちゃんだ」といった証言を残しているが目撃証言としての確証は得られず。

・居間テーブルに乳酸菌飲料ミルミルEが飲みかけのまま放置され、玄関には内容物の一部が吐き出されたかのようにこぼれていた。高羽家では過去に購入したことがないことから犯人の遺留品ではないかとされている。製造番号により30㎞以上離れた西三河地区内で販売されたものと特定。

 

当日の天候は晴れ。アパート付近は密集した住宅街だが犯行が昼時ということもあり往来は多くなかったと思われる。

f:id:sumiretanpopoaoibara:20200330200735j:plain

血痕が続いていた稲生公園へはアパートから北へ徒歩10分もかからない。『迷宮入り!?未解決殺人事件の真相』(2003,宝島社)柳川文彦氏の記事によると、奈美子さんは稲生公園を何度か訪れたことがあったがなんか感じが悪いんだと話し、あまり立ち入らなかったと夫・悟さんの証言を得ている。また犯人の血痕は、公園への最短ルートを辿ってはおらず、公園を目指して移動していたのか、たまたま公園の水場を見つけて立ち寄ったのかは定かではないものの、土地勘がなかったのではないかとする見方もある。

奈美子さんらが11時過ぎに訪れた「きとう小児科」は、稲生公園方面とは逆方向。アパートの南にある用水路を渡って南東方向に位置する。

 

 夫・悟さんは実家に戻り、事件から20年経ってなおアパートの部屋を当時の状態のままにして借りている。長男・航平さんは母親についての記憶はほとんど薄れ、2019年に親元を離れて就職。犯人特定につながらないまま、時計の針は進んでいく。

www2.ctv.co.jp

 

下の記事では、夫・悟さんが奈美子さんの性格などについて語っている。

憧れだった赤い車を買ったこと、家族揃ってのディズニーランド、母を迎えてマンションに引っ越す予定だったこと、飲食店を営むひとり親の手伝いをしながら育ったため普通の主婦(専業主婦か)に憧れていたこと。

アパートを事件当時のまま維持していることも手伝って、悟さんはメディアにも度々登場して情報提供を求めてきた。その際に提供されるご夫婦や一家の写真は、奈美子さんがレシピのファイリングや航平さんの育児記録とともにまめに整理していたものだという。どの写真も“家族の幸せ”を刻んでおり、奈美子さんの航平さんへの愛情や夫婦・家族の「いま」を大切にしていた気持ちが伝わってくる。

www.jprime.jp

 

部屋を荒らされた形跡もなかったことなどから怨恨の線で捜査は進められ、夫婦の交友関係を念入りに調査されたが、ともに恨みを買うような相手は見つからなかった。

悟さんの前妻にも捜査は及ぶも、静岡在住でアリバイがあり血液型も不一致。目撃された不審な女性の特定は困難を極めた(奈美子さんより一回り以上年長で、悟さんと近い年代と見られたことからして、当初は悟さんの女性関係の線も追及されたであろう)。

 

疑問 

疑問点を抽出してみると、

①奈美子さんの午前中の行動

②犯人の遺留品とみられるミルミル

③犯人とみられる女性の逃走経路 

④犯行動機  などが挙げられる。

 

①午前中の行動について。朝の段階で長男・航平さんが熱だった(奈美子さんは育児を疎かにするタイプではなかった)ことから考えても、「図書館に行く」のは後回しにし、まず病院に向かったとするのが妥当と思われる。9時ごろ悟さんを見送った直後(9:30の宅配前)に家を出たものとすれば、かかりつけの小児科へは自宅から自転車で約5分にも関わらず、病院側の来院記録から「11:10」に来院が確認され、空白の2時間が生じている。9時過ぎに小児科を一度訪れたが混雑していた、どこかで時間潰しをして再訪した等の理由が考えられる。この間にトラブルに巻き込まれた説もあるが、それならば小児科ではなく交番へでも向かうだろう。また付近の公園や店などで2時間近く滞在していれば、目撃情報や接触者がもっとありそうなものである。9時過ぎに小児科の混雑を見て、他の病院を転々としてみたが結局戻ってきた、周囲はその様子を気に留めなかった(ずっと移動中だった)といった可能性も考えられる。

11時40分ごろ奈美子さんの帰宅が目撃されており、そこではだれかと一緒だった様子は認められていない。午前中の宅配の不在通知があったこと、室内が掃除機(個人的に「タンスを引きずるような音」の正体は掃除機だと考えている)やTVなどで慌ただしかったことから、ドアをノックされ、うっかり確認を怠って(あるいは再配達などと勘違いして)慌てて玄関を開けてしまったシチュエーションが想像できる。

 

②ミルミルについては、第三者が渡していた可能性もある。病院は年配者も多く、そうした方にすれば幼子を抱えたお母さんを見れば「どうしたの?お熱?」など声を掛けやすい。製品の特性上、家族の分や数日分をストックする家庭が多く、ペットボトルよりも少量パッケージであるため高齢者が携帯しやすい印象があり、子ども向けなどちょっとしたプレゼントに重宝されると考えられる。チャーミングなネーミングや体に良さそうなイメージから、懐に携帯してきたものを「あげるから飲んで」と好意的にプレゼントしている場面が容易に思い浮かぶのだ。「あれは自分が渡したミルミルかも」と心当たりがあっても黙秘してしまった可能性も大いにあるし、捜査に対して渡した本人ではなく家族の他の者が対応していて捜査線上から消えてしまった可能性もある。当時の航平さんくらいの乳幼児が口に合わずベェッと吐き出す様子ならイメージできるが、「犯人が自ら持ち込んで事後に自ら吐き捨てた」というシチュエーションはなかなかに奇怪である。奈美子さんが病院かどこかで善意の第三者に貰い、帰宅してテーブルに出していたものに犯人が口を付けた、という方が私にはまだ自然に思われる。

 

③の逃走について。現場ドア付近の足跡から、立ち去る前に外の様子を窺っていたとも考えられている。駐車場にいた近隣住人に発見されなかったことも、周囲に警戒しながら忍び寄ったからと考えられる。現場アパートからすぐ東の通りに出て北上すれば最短ルートで公園にたどり着くものの、犯人らしき女性はアパート西側の住宅街を彷徨うようにして公園に向かった。その道筋を示すのは数mおきに血痕があったからだ。その女性は手に大きな怪我を負いながらも、現場で止血しようとはしていない。事件の晩、マスコミの動向を嫌がった県警本部は警察犬による捜査を一時中断し、その後の降雨によって血痕が消されてしまった。目撃情報では公園方面から更に東へ向かっていたともいわれている。移動手段が徒歩であること、駅に向かっていないこと、目撃情報が2件しかないことなどから、徒歩圏内に暮らしていた人物と捉えることはできるが、車で逃亡を協力した者がいた可能性もゼロではない。

また柳沢氏の調査で挙げられた「なんか感じが悪いんだ」という奈美子さんの稲生公園評も気掛かりではある。訪れたときは大きなトラブルには至らなかったが、もしかすると犯人らしき女性が公園に滞在していて遊んでいたら注意を受けたとか、女性が寝ていて騒がしくならないようにしないとならず利用しづらいと感じたのかもしれない。現地の事情に明るくないため、地元の方には不快な思いをさせてしまうかもしれないが、名古屋という大都市圏であることと「川べり」ということから妄想するに、犯人らしき女性が界隈を根城にしていた浮浪者という可能性もあるのではないか。全体の数こそ少ないものの、以下④でも述べるように精神疾患などで社会復帰しづらかったり、男性と離別して行き場をなくした等で浮浪者になる女性はいる。警察は浮浪者の動向もある程度は把握しているはずだが、浮浪者仲間が隠蔽したり逃亡を助けたりといったこともないとは言えない。

 

④犯行動機が非常に見えづらい。当時、新車購入やマンションへの引っ越しも決まっており、「こわいほど幸せ」と知人に話していたことから、(夫や友人が関知していない)交友筋で妬みを買っていた可能性も疑われている。

www.tokai-tv.com

上の記事で、7年間捜査に携わった元愛知県警捜査一課・岡部栄徳さんは「どっかで奈美子さんに逆恨みした人物」ではないかと目星を語っている。セールスの来訪で嫌な経験があった奈美子さんには日頃から来訪者を窓から確認する習慣があったことも“知人”説を裏付けている。

だが一般的思考力のある人間であれば、逆恨みして刃物を手に住宅街の真ん中にある家に押しかけてくるだろうか。知人であれば電話などで、それこそ公園や河原、人目につきにくい場所に呼び出して事を行うのではないか。また家を知っているほどの関係、過去に来訪歴のある人物がいれば、(不倫などやましい関係でなければ)夫やママ友らに「この前こんな人がうちに来て…」と言い伝えていてもいいがそれもない。たとえ恨みを抱いた知人としても、まともな人間であれば相手の頸動脈ではなく人間関係を切ろうとする。またそれ以前に奈美子さんに関する悪口を周囲に漏らしているはずである。

交友関係に怪しい人物が見当たらないとなると、周囲に他言しない人間関係として「不倫」などの可能性も疑われる(たとえば不倫相手の嫁が関係を知って襲撃など)訳だが、航平さんに手がかかる時期だったことや人並み以上に家族への愛情を注いでいることからもこの事件ではその筋はないと考えてよいだろう。

 

 私の考えでは、犯人は奈美子さん個人に恨みを持っていなかった赤の他人、妄執につかれた精神疾患くらいしか想像できない。たとえば「自分よりも若い女性」や「小さな子供のいる母親」に対して強い妄執に駆られ敵愾心を抱く人物が、人通りの少ない昼の街路で奈美子さんを見かけて家までつけていったのではないか。あるいは岡部元警部の言うよう、公園や街角で以前ささいな接触を持っており、次第に妄執が肥大化して凶行に及んだというものかもしれない。とはいえ捜査に行きつくほどの重要情報が集まっていないことから、普段はほとんど外出していない(多くの住民から把握されていない)とも考えられる。

犯人とみられる女性が当時40~50歳前後とすれば、配偶者や高齢の親などと暮らしていた可能性はあり、責任の追及を恐れ身内の凶行を隠蔽しようと考えてもおかしくない。独り者であれば病院や施設に収容されているかもしれないし、すでに人知れず亡くなっている可能性もある(孤独死や自殺、精神疾患持ちとなれば手に大怪我の跡があったとてそれほど気に留められることなく処置されたとしてもおかしくない)。地域の病院利用や保護施設、警察への通報履歴(精神疾患者には「〇〇が嫌がらせをする」等と警察へ頻繁に通報・相談する者も多い)などによって、そうした疾患者の情報はある程度リストアップされていることと思うが、確証が得られず追及できないといったことも懸念される。現場でDNAが採取されていることから、余罪で逮捕されているという可能性は低い。

 

犯人の目星さえつかないまま、遺族は感情のやり場を失っている。夫・悟さんが自らの境遇を語るときに使う「中途半端な被害者」という表現には胸が締め付けられる。記事上でも危惧しておられる通り、犯人とみられる女性も存命であれば70歳代に差し掛かり、現実的にリミットは迫っている。奈美子さんのご冥福を祈るとともに、ご遺族の心の安寧のために一刻も早い犯人特定を願うばかりである。

 

 

 

※心当たりのある方は、愛知県警西警察署へ(電話052-531-0110

 

****************

[2020年11月12日追記]

週刊女性PRIMEにて週刊女性2020年11月24日号掲載の関連記事。

テレビで被害者・奈美子さんについて人から恨まれる性格だったのではないかという見方を強める報道がされたことに対して、夫・悟さんと奈美子さんの友人が周囲の人間が知る彼女の性格について語っている。

www.jprime.jp

2016年フジテレビ系番組『最強FBI緊急捜査!日本未解決事件完全プロファイル』の中で、友人3人のコメントとして以下のような文言が紹介され、推理は“怨恨”の線へと向かっていく内容だった。

《悪気がなく言ってしまうことがあるので、こっちが落ち込んでいるときにすごく楽しいことを言ってくるんです。ある意味、やっかみはあった》

《赤い車に乗り、派手っぽい感じ。ミニスカートをはいていたりとか、周りからやっかみを買い、誤解される》

《こちらが傷ついちゃうことを言ってくるんです》

そのコメントの使われ方、番組内容が偏向的だとして悟さんは抗議し、局側も「被害者の人物像を描く際に一部配慮に欠ける表現があったため、関係者の皆様にお詫びしました」と認めている。

記事中では、奈美子さんの知人たちから下のような印象や人柄が紹介されている。

「明るくてテキパキと仕事をこなす。スラッとしてスタイルがよく、仕事場で上司から好かれやすかった」(高校時代の友人)

「頑張り屋で情に厚い。何か悩み事があると聞いてくれ、職場でも慕われていた」(会社員時代の後輩)

「奈美子はいつもキラキラしています。背筋がまっすぐで胸を張って歩いている。凛としていて、不平不満がほとんどない。ひょっとしたら苦しいときも、そんなイメージを作ってきたのかな。彼女は他人に見せたい自分があったのかな」(奈美子さんの友人)

「奈美子さんは恨まれるような人ではありません。ママ友やご近所とも仲よかったし、誰かとトラブった話は聞いたことがない」「ただ、お母さんとマンションで暮らせるのを幸せいっぱいに話していたので、人によってはそれが『自慢』に聞こえ、反感を買われてしまったのかな……」(会社員時代の後輩)

 

また以前すでに上に紹介していた2019年の週刊女性プライムの記事で、奈美子さんは「女手一つで育てられ」て店の商売を手伝っていたため、いわゆる“普通の主婦”に対する憧れが強かったと書かれていたが、今回の記事では奈美子さんの生い立ちや母親についても記述がある。

奈美子さんは二人姉妹で、中学時代に両親が離婚。高校卒業後は製造系の会社に就職し、数年勤めたのち歯科助手となり、20歳代前半では母親の営む居酒屋の手伝いもしていた。それから悟さんの勤める不動産会社に就職し、平成7年7月7日に入籍。しかし新婚生活から約一年、市内で一人暮らしをしていた母親が薬事法違反容疑で逮捕。不起訴となり、母親は北海道に転居。毎年夏になると奈美子さんも顔を出しており、航平さんもそちらで生まれた。来春にはその母親を呼んで一緒に暮らせるよう新築マンションを購入した矢先で起きた事件だった。

事件のおよそ3年前、奈美子さんの母親が健康食品会社の販売員として無認可の清涼飲料水を「がんに効く」健康食品と謳って販売したことが明らかにされ、もしかすると奈美子さんが来訪者に対して注意を向けるようになったのはこの件がきっかけだったのではないかとも思われる。おそらく奈美子さんの母親が販売していたのは名古屋市内が中心であろうし、近隣住民や旧知の間柄であれば居酒屋時代などに娘である奈美子さんを見知っていた可能性もなくはない。だがこの件が元で3年経って母親ではなく奈美子さんに矛先が向けられたと考えるのもやや難しく、県警もその筋は当然洗っていることと思うが両事件を結びつけるに足る証拠は何も出ていない。

 

最後に。

筆者もこのような文章を書くにあたって誹謗中傷やむやみな偏見は避けようと注意しているつもりだが、ご遺族や関係者の目に触れればやはり不快な思いをさせかねないという自覚もある。ミステリアスな犯行や加害者・被害者などについて少なからず興味があって執筆するものだが、事件の周知、早期解決、亡くなられた方たちに思いを馳せる内容であるべきと念頭に置いておきたいと思う。