辰巳ヨシヒロ『劇画漂流』感想

1950年代後半、“劇画宣言”を提唱した辰巳ヨシヒロによる半自伝劇画。

なぜ“劇画誕生”ではなく“劇画漂流”なのか、が本作の妙味でもある。

 

劇画漂流 上巻

劇画漂流 上巻

 
劇画漂流 下巻

劇画漂流 下巻

 

 

 手塚治虫に憧れた少年ヒロシは、ストーリー漫画の薫陶を受け、十代から貸本マンガを手掛けるようになる。

戦後の占領下で規制されていた娯楽の解放、『新寶島』以降の赤本ブームにより少女もの、時代活劇、文学物などジャンルは飛躍的に増えていたが、まだ当時はマンガは児童向けや生活もの(『轟先生』『サザエさん』等の新聞連載)が主流とされていた時代である。

 

 赤本ブーム後の貸本業界における読者層は、労働者階級の若者たちが中心だった。

映画とストーリー漫画文化の影響を受けた若い世代の漫画家たちが、ユーモアや画一的なヒーロー像に依らない“より新しい実験的なマンガ”、こども以外でも楽しめる“大人向けのマンガ”を追求するようになるのは必然だったのかもしれない。

 

 大阪で貸本漫画を描いていた辰巳ヨシヒロが中心となり、石川フミヤス、K・元美津、桜井昌一、山森ススム、佐藤まさあきで「劇画工房」を発足し、更にさいとう・たかを松本正彦を加え、『影』(日の丸文庫)、『街』(セントラル文庫)、『摩天楼』(兎月書房)など貸本劇画雑誌を次々に刊行・ヒットさせ、貸本ブームは最盛期を迎える(全国に3万店舗あった)。

          劇 画 工 房 ご 案 内
常に世の中は移りつつあります。鳥羽僧正に端を発したといわれる漫画界も日進月歩、昭和になって大人漫画と子供漫画とジャンルが二分され、大人漫画の中でも政治漫画、風俗漫画、家庭漫画、ストーリー漫画と樹木の如く、それぞれ方向を異とするものにわかれました。
 子供漫画の世界でも同じく、その読者対象によつてその分野が広がりました戦後、手塚治虫氏を主幹とするストーリイ漫画が急速に発達し、子供漫画の地位が向上、進歩の一途をたどりました。
 最近になって映画、テレビ、ラジオにおける超音速的な進歩発展の影響をうけ、ストーリィ漫画の世界にも新しい息吹がもたらされ、新しい樹が芽をふきだしたのです。
 それが“劇画”です。
 劇画と漫画の相違は技法面でもあるでしょうが、大きくいって読者対象にあると考えられま
す。子供から大人になる過渡期においての娯楽読物が要求されながらも出なかったのは、その発表機関がなかったことに原因していたのでしょう。劇画の読者対象はここにあるのです。劇画の発展の一助は貸本店にあるといってもいいと思います。
 未開拓地“劇画”
 劇画の前途は洋々たるものがあります。それだけに多苦多難なこともありましょう。ここに望まれるのは劇画ライターの一致協力です。
 この主旨にもとずいて、このたびTS工房、関西漫画家同人、劇画工房が合併、同志の劇画ライターが協力、新しいシステムによって劇画工房なる機関が発足いたしました。
 劇画工房のあり方というものを理解下さって諸兄のご声援をおねがいします。
  劇画工房 さいとうたかを 佐藤まさあき 石川フミヤス 桜井昌一 辰巳ヨシヒロ 山森ススム K・元美津

 

 

しかし、『少年サンデー』『少年マガジン』といった週刊少年コミック誌の登場やTVの大衆化によって、若者文化の中心だった貸本のシェアは徐々に衰退。

劇画工房自体も辰巳、さいとう、松本の脱退を機に分裂。

1960年代後半は青年コミック誌も多く発刊され、学生運動隆盛においては「右手にジャーナル、左手にマガジン」と言われ、コミック誌は若者文化により深くコミットした存在となった。そして学生運動の終わりとともに、貸本出版と旧来の貸本業も姿を消した。

 

 

現在では劇画とマンガとの垣根は曖昧なモノとして忘れられつつある(マンガ全体の中の劇画なのか、マンガと劇画は別物なのか問題)(今日ではさいとう先生や池上遼一先生のような「写実的でドラマティックな画風」と解されがち)。だが今日の子どもも大人もマンガを楽しめる素地を築いたのは、まぎれもなく“劇画”の功績であり、現在のマンガは多かれ少なかれ劇画の影響から免れ得ない。

そうした手法に至るまでのマンガ家たちの熱情や試行錯誤、映画やハードボイルド文学といった他文化からの影響や時代背景、マンガと出版業界と読者との関係など、めまぐるしく移り変わった半世紀を詳らかにしてくれた功績には一マンガLoverとして感謝してもし尽くせない程だ。


本作は、1995年から2006年にかけて「まんだらけ」カタログ誌に掲載されていたが、打切により1960年代以降の状況について多くは触れられぬまま終わっている。それがさながら主人公が青春のすべてを捧げた“貸本時代”の終焉と符合しているかのようで感慨深いエンディングになっている。

またこの作品を世に送り出した青林工藝社、手塚治虫文化賞大賞(2009年)を捧げる名采配を見せた選考委員にも拍手を送りたい。