杉浦日向子『二つ枕』感想

江戸文化風俗の語り部杉浦日向子
1982年ガロ登場以来、時代考証にもとづく情念豊かな"江戸もの"を数多く著したが、研究に専念するため惜しまれつつ断筆。2005年没。
タイトル『二つ枕』はガロに掲載された吉原の男女の話である。浮世絵調の画風をとっており、それはもう見ているだけでほれぼれするものだが、われわれの知るいわゆる浮世絵にはない魂っ気ともいうものが宿っている。かつて東洲斎写楽が当時の浮世絵にはない人情味あふれる画趣で人気をさらったのと同様、杉浦日向子の描く江戸は水戸黄門以上にナチュラルにエロティック、酔狂、微笑ましく、せつない。あとがきで「学などと、堅苦しい言い方をしたくはない」と留意しつつ、「考証学が、人間学にまで昇華されている」とした北方謙三の指摘は正しい。