母は荒野で踊り出す 映画『母なる証明』感想

これほど印象的な映画のオープニングシーンを見たことがない。 本作の主人公“母”役を演じたのは、韓国MBCで1980年~2002年まで放送回数1088回を数えた最長寿ホームドラマ『田園日記』で姑役を演じ、“国民の母”と呼ばれた大ベテラン女優キム・ヘ…

北九州連続監禁殺人事件(2/2)

2002(平成14)年に発覚した福岡県北九州市の連続監禁殺人事件について記す。 前半では事件発覚からの報道の流れを俯瞰し、松永・緒方の略歴、いくつかの結婚詐欺と第1の殺人を扱った。後半となる本稿では、緒方家6人への監禁殺人、犯行の性質などに…

北九州連続監禁殺人事件(1/2)

2002(平成14)年に発覚した福岡県北九州市の連続監禁殺人事件について記す。 当初こそ少女監禁事件と報じられるも、犯人の男女が逮捕されると、通電による拷問とマインド・コントロールを用いた恐るべき犯行手段、少なくとも7人の死者を含む甚大な被…

夏のオススメ!胸糞サイコホラー&サスペンス映画を見よう

やっぱり今年の夏も暑そうだ!という訳で、本当は夏じゃなくてもオススメしたいサイコホラー、サスペンス映画を中心に18作品ご紹介。 ホラー映画でも色々ジャンルがあると思いますが、本稿ではヒトコワ(人怖)ジャンルを中心にゾクッとできるメジャータイ…

広島県府中町主婦失踪事件について

2001年9月、広島県安芸郡府中町のマンションに住む主婦が失踪した事件について、風化防止のために記す。 失踪までの経緯やそのタイミング、失踪後に届いた“駆け落ち”を示唆する不可解な手紙など謎が多く、事件性が囁かれている。 また状況などは異なる…

大分県日出町主婦失踪と2つの事件について

2011年9月、大分県日出町で主婦が白昼に自宅からいなくなったとされる不可解な事件である。発生当時、同じ町内で起きた2つの未解決事件(女児連れ去り、高齢夫婦殺害)との関連が噂され、注目を集めた。 警察は主婦失踪について事件性を認めず「自発的…

赤城神社主婦失踪事件について

1998年5月3日、群馬県宮城村(現・前橋市)三夜沢の赤城神社に訪れていた主婦が忽然と姿を消した“平成の神隠し”とも言われる未解決事件のひとつである。 ■概要 1998年5月2日(土)、千葉県白井市に住む主婦・志塚法子さん(48)は夫と娘、産ま…

北海道・恵庭OL殺人事件について

2000(平成15)年、北海道千歳市、恵庭市又はその周辺で発生した殺人・死体損壊事件、いわゆる恵庭OL殺人事件について記す。 遺体発見から2か月後に被害者の同僚女性が逮捕され、殺人などの罪で懲役16年が確定した。すでに刑期を終えているものの、…

【中国版切り裂きジャック】白銀市連続強姦殺人事件について

中国北西部・甘粛省で女性11人が殺害され、その猟奇的で残忍な犯行から“中国版切り裂きジャック事件 Chinese Jack The Ripper”とも呼ばれる甘蒙8・05事案/通称・白銀市連続強姦殺人事件について記す。 尚、本家である19世紀イギリスで起きた切り裂き…

【殺人小説家】浙江省・閔記旅館事件について

1995年、中国浙江省で起きた強盗殺人事件について記す。事件は解決済みだが、逮捕当時、犯人のひとりが「現役の人気ミステリー作家」と報じられたことで国外でも話題となった。 日本でも佐川一政『霧の中』や元少年A『絶歌』など犯人による告白本の出版…

宇田川敬介『震災後の不思議な話』文庫版感想

未曽有の大災害から10年が経った。行き過ぎた「自主規制」の弊害か、「不謹慎」警察の横行か、震災や原発を巡る報道は「風化」し、やや画一的にさえ感じられるようになった。招致時には「復興五輪」などとも言われたというのに、コロナ禍は世の中をフラッ…

青物横丁医師射殺事件について

1994年10月、東京都品川区の京浜急行電鉄・青物横丁駅構内で発生した医師射殺事件について記す。朝の通勤ラッシュを銃撃が襲うという犯行もさることながら、犯人の理不尽な動機にも戦慄させられるものがあり、その後の医療不信やモンスター・ペイシェ…

プチエンジェル事件について

2003年7月、東京都港区赤坂で発生した女児4人誘拐監禁およびその背後にあった組織的少女買春など、通称“プチエンジェル事件”について記す。公式には“解決済み”とされながら、一方では“日本の闇”とも称される怪事件である。 本稿では、この事件の隠され…

ハローキティ殺人事件について

1999年春、香港・尖沙咀で発生したとされる通称ハローキティ殺人事件について記す。 本件は香港の凶悪事件でも極めて残酷な犯行とされ、その凄惨さは綾瀬女子高生コンクリート事件を彷彿とさせる。またその事件発覚の奇妙な経緯などから心霊現象の噂も絶…

ジャック・ウンターヴェーゲルについて【ウィーンの絞殺魔】

“ウィーンの絞殺魔”の異名でオーストリアの「シリアルキラーとして知られている」、ジャック・ウンターヴェーゲル(1950-1994)について記す。 ■生い立ち ヨハン・ジャック・ウンターヴェーゲルは、ウィーンのウェイトレスと見知らぬ米兵との非嫡出…

リチャード・ラミレスについて【ナイト・ストーカー】

“ナイト・ストーカー”の異名で知られるアメリカのシリアルキラー、リチャード・ラミレス(1960~2013)について記す。

エリサ・ラム事件について

2013年に起きたエリサ・ラム(藍可兒)の怪死事件について。 もしかするとその若いカナダ人女性の死因や経緯には本来“事件”と呼ぶべき要素は含まれていなかったかもしれない。しかし、今世紀、世界中で最も繰り返し検索され、言及され、検証され続けてい…

ブラック・ダリア事件について

1947年、カルフォルニア州ロサンゼルスで発生し、半世紀以上を経た現在も語り継がれる戦後アメリカの象徴的な猟奇殺人、通称“ブラック・ダリア事件”について記す。 Elizabeth Short, 1947, police bulletin LAPD なぜマニアたちはアメリカの数ある事件の…

埼玉朝霞少女誘拐監禁事件について

2014年に埼玉県朝霞市で発生した女子中学生の誘拐および約2年に渡る長期監禁事件について、事件の風化阻止と防犯啓蒙の目的で記す。 尚、少女を狙った略取誘拐(連れ去り)・監禁事例について、過去エントリーでも取り扱っているので比較参照されたい。…

新潟少女監禁事件について

1990年に新潟県三条市で発生した未成年者略取(連れ去り)および2000年まで柏崎市で続けられた長期監禁、通称・新潟少女監禁事件について記す。 略取・監禁は、言うまでもなく卑劣かつ被害者の人権を蹂躙する許すまじき蛮行であり、生還してもなお被…

東京豊島区女子高生誘拐事件【籠の鳥事件】

1965年に東京都豊島区内に発生した女子高生誘拐および“飼育”とも表現される半年間の同棲生活を続けた事件、通称“籠の鳥事件”について記す。 ■事件の発生 1965年11月25日の夜、東京都豊島区の共栄女子商業高校に通う3年生・Aさん(17)は、西…

トリニダード・トバゴと長木谷麻美さん事件について

2021年3月19日、トリニダード・トバゴの未解決事件捜査班(TTPS)は、16年にクイーンズパークサバンナで遺体となって発見された日本人スティール・パン奏者・長木谷麻美さんの事件について捜査の終結を発表した。 www.guardian.co.tt 本稿は、トリ…

マイソールの黒熊/ペトロパブロフスク羆事件/秋田八幡平クマ牧場事件

本稿では、インド「マイソールの黒熊」、ロシア・カムチャッカ半島で起きた「ペトロパブロフスク羆事件」、「秋田八幡平クマ牧場事件」ほか、熊によるいくつかの襲撃事件などを見ていきたい。 近年、日本国内では熊の遭遇事案は増加傾向とも言われ、被害防止…

【この人は誰?】千丈寺湖殺人死体遺棄事件【青野ダム】

2011(平成23)年2月14日、兵庫県三田市の千丈寺湖でコンクリート塊の中から人間の頭部の骨が発見された。 www.police.pref.hyogo.lg.jp 朝10時45分頃、釣りに来ていた男子高校生(16)が、岸辺にランドセル大のコンクリート塊を見つけ、中か…

福岡大ワンダーフォーゲル部羆事件/クリル湖襲撃事件

■福岡大学ワンダーフォーゲル部羆事件 1970(昭和45)年7月、北海道日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した羆襲撃事件で、犠牲となった3名は福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(のち部に昇格)に所属していた。 (Wandervogelはドイツ語で渡り鳥…

札幌丘珠羆事件・石狩沼田幌新事件

野生の熊は警戒心が強いため遭遇する機会こそ少ないが、テリトリーを侵害されたと感じたり、仔熊を守るといった習性から、むやみに人が接近すれば危害に及ぶ。また一度、食害に味を占めてしまった個体は好んで人を狙うおそれもあるとされる。 前回のエントリ…

三毛別羆事件について

漫画『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎は強敵・猗窩座(あかざ)との死闘の最中、病死する十日前に父・炭十郎が巨大熊と闘った夜のことを回想する。 山向こうで6人を襲った“人食い熊”が家に接近していることを察知した炭十郎は、夜の雪山に幼い炭治郎を連れ…

漂着する足のミステリー【セイリッシュ海】

2007年8月20日、カナダ・ブリティッシュコロンビア州にあるジェデディア島へ訪れていたアメリカ・ワシントン州の少女が海岸を散歩中に大きな靴を見つけた。 白と青のランニングシューズでサイズは12(30cm)、中には靴下と腐敗した人足の残骸が…

【つけびの村】山口県周南市連続殺人放火事件について

2013年に山口県周南市にある山間の集落で発生した連続殺人・連続放火事件について、すでに犯人が逮捕され死刑が確定した事案だが、風化阻止の目的で概要や所感等を記す。 また本件を主題とした高橋ユキ氏によるルポ『つけびの村』のレビューも付記する。…

島根県隠岐の島『蟹淵と安長姫』について

島根県隠岐諸島は最大の島・島後(どうご)。その北部にある隠岐の島町中村の元屋(がんや)地区には、次のような民話が残されている。 昔々、この村に1人のきこりがいました。 この川の奥に入り、淵の後ろの山で木を伐っていました。 つい誤って、斧を淵に…