culture

島根県隠岐の島『蟹淵と安長姫』について

島根県隠岐諸島は最大の島・島後(どうご)。その北部にある隠岐の島町中村の元屋(がんや)地区には、次のような民話が残されている。 昔々、この村に1人のきこりがいました。 この川の奥に入り、淵の後ろの山で木を伐っていました。 つい誤って、斧を淵に…

『悪魔の詩』訳者殺害事件とイラン革命について

本稿では、1991年に発生した茨城県・筑波大学構内で起きた助教授殺害事件、通称“『悪魔の詩』訳者殺人事件”を取り扱う。 本件では「イスラーム思想」「イラン革命」に絡む思想犯罪の可能性が指摘されており、状況的に見てもそれ以外のケースを考察することは…

富山県「人形山」の民話について

前回取り挙げた富山県砺波地方に伝わる「ヒンナ神」について調べていたところ、砺波の南に位置する飛騨高地の北部、現在の富山県南砺市五箇山から岐阜県白川村にまたがる「人形山(にんぎょうざん)」に伝わる民話を目にしたので今回はそのお話を。 尚、人形…

エクソシスト映画『ザ・ライト』『エミリー・ローズ』感想

過去エントリー『異端の歴史と魔女狩りについて』では、キリスト教、ローマ・カトリックから見た異教徒・異端者の変遷を扱った。 古代ギリシア哲学においてデーモン daemonはそもそも天啓・インスピレーションのような観念であり、人に善き道を示すデーモン…

日本と/クルド人と 『TOKYO KURDS』感想

クルド人は「国家をもたない世界最大規模の民族集団のひとつ」とされ、トルコ、イラン、イラク、シリアにまたがる高原地帯クルディスタン地方におよそ2500万人以上が居住しており、迫害を逃れて散逸民となった者を合わせると3000万~4500万人と見積もられて…

異端の歴史と魔女狩りについて

“魔女”と聞いて、多くの人は童話やアニメ、映画やゲームなどに登場する箒に乗って空を飛んだりステッキをかざして異能を操ったりする、ときに愛らしく、ときにおどろおどろしい女性の姿を、想像上の存在としてイメージされるかもしれない。だが現代において…

極私的に好きな怪談・怖い話

怪談の「怖さ」「面白さ」は小説や映画同様、聞く側の想像力や人生経験などにも左右される。また同じ語り手でもいくつか聞けば「響く話」とそうでもないものもある。細かくいえば、語り手・聞き手のコンディションやシチュエーション(舞台はライブ/賞レース/…

河童にまつわるエトセトラ

河童(※)は日本で最もメジャーな妖怪・未確認生物のひとつ。 子どものような体格で緑色の肌、鋭い嘴、手足には水掻きを備え、背に亀のような甲羅を背負い、頭に皿のあるおかっぱ頭、といった亀や蛙を想起させる両生類らしき図像的特徴は概ね江戸時代後半に完…

夏のオススメ!怪談系YouTubeチャンネルのすすめ

夏はやっぱり暑かった!ということで、ちょっぴり涼しくなれる(かもしれない⁉)“怪談”のYouTubeチャンネルや番組を紹介したい。見て後悔するか、見ずに後悔するかはあなた次第。 ■怪談ぁみ語 芸人で怪談家としても活動している「ありがとう」というコンビの「…

三木大雲『ホテルで出会った怒れる女性』書き起こし(2019年6月15日OKOWAより)

Web番組おちゅーんLive!から誕生した怖談トーナメント“OKOWA(オーコワ)”が2020年5月、満を持してYouTube上で独立チャンネル化。歴戦のアーカイブに加え、怖談や怖談士について一層深掘りしていく番組“OKOWA Deep”が開始された。*1 OKOWA Deep.Vol,1ではOKOWA…

にわかドラマファンのおすすめ12+1選

にわかドラマファンの忘備録。 2010年代の国内TVドラマを中心に、心つかまれた・記憶に残った12作品を書き留めておきたい。すべてオススメ作品なので、時間がある方・見逃していた方は配信等でぜひトライしていただければ幸いです。(キャスト・スタッフ等敬…

はやせやすひろ『幸せのおまじない』について

2020年3月1日2日にかけて、YouTubeで人気のオカルト系ラジオトーク番組THC OCCULT RADIO(通称オカラジ)で“都市ボーイズはやせやすひろさん襲来!”と銘打ったスペシャル回を前・後編の2回を公開した。 www.youtube.com はやせやすひろさんはホラー作家山口敏…

今年もOKOWAが面白い。

今年もOKOWAが面白い。 OKOWA:OTUNE KOWAI OHANASHI WORLD ALLIANCE怪談・都市伝説・講談・落語・裏実話・・・「怖い話」ならジャンルレス&プロ、アマ、性別、国籍、一切不問の1vs1タイマントークバトル!大阪発信のWEB番組・おちゅーんLive!が放つ、最恐…

うわさ・流言・都市伝説についてのメモ

「うわさ」の構造 情報/伝播現象 「うわさ」の定義曖昧な状況に巻き込まれた人々が、自分たちの知恵を寄せ集め、その状況についての有意味な解釈を行おうとするコミュニケーション タモツ・シブタニ/1985 「うわさ」の公式R ~ Z × AR:「うわさ」の強…

茨城県北茨城市・神の山住宅

映画『フラガール』の舞台はいわきだが、松雪泰子さん演じるダンス講師が暮らした炭坑住宅(炭坑長屋)のロケ地 神の山住宅 は茨城県北茨城市にある。 www.google.co.jp 江戸末期、神永喜八によって常盤地区の石炭事業が本格化されてからおよそ160年後の昭和…

浦島太郎について

昔話というと、勧善懲悪だったり、善いことをすれば善い報いを、悪行をした者には悪い報いがある教訓話と相場が決まっている。という固定観念がある。そこいくと、浦島太郎のエンディングって、なんで亀を助けた太郎が罰を受けるんや(乙姫鬼畜かよ)。。。…

食の都庄内で膨れる

「食の都庄内」庄内の地を訪れ、いくつかの人気店に足を運べばこのキャッチコピーが脳裏に深く刻まれる。 美味いのは勿論のこと、山・海・川・平野あらゆる風土がまさにその食材を育むに適しており、この土地にしかない味を私たちに届けてくれていることを実…

大石田そば街道とブラジル移民

山形には、“そば街道”や“蕎麦の里”を名乗る地区が林立し、新そばに合わせて全国からそばっ食い達が集う“そばツーリズム”が定着している。 蕎麦食い駆け出しの私は山形ではまだ数軒しか伺うことができていないが、かくれ蕎麦屋の里を称する白鷹町は千利庵を大…

十六羅漢と即身仏

十六羅漢岩。 鳥海山のふもと、山形県飽海郡遊佐町の吹浦海岸で日本海の風にさらされている。 羅漢は、阿羅漢、サンスクリッド語でarhat、の略で、応供に値する者、修業を完遂し悟りを得た者を指す。絵画や仏像のモチーフとなる十六羅漢は、釈迦のもとに集っ…

滝不動と百二十

旅路を編む。 計画を組み立てることが旅の愉しみのひとつ、という方も少なくないと思う。 交通機関のチケットの手配、宿や店の予約をして、1日目はココとアソコ、2日目はドコへ移動して…と帰路まで行程を編むことができる人に、ある種の憧れがある。私のよう…

太陽が融通をきかせて時計を見ながら運行してくれるはずもないので、動きと時計の間でちびーっとずつズレが生じ、そのズレを無理くり埋め合わせるためのしかけが閏なのだという。4年ごとに必ずあるものかと思いきや、グレゴリオ暦に準じる日本の暦では、 明…